FC2ブログ
ダンパーを考える④
FOX取材2007.12.3 028-改

この写真を見ればわかるとおりデカいんです。

ピストンが大きいと同じ減衰力であればピストンを通過するオイル量が多い。

流量が多いと細かく減衰調整が出来る。

絶えず動くピストンから発生する減衰力は安定し発生しピストンがスムーズに動きます。

市販されているツインチューブタイプはこんなに小さいのです。

どんなに頑張って設計してもくらべものにはなりません。

しかし慣れって恐ろしいですね。

最初は大感激!

それが当たり前になるともうちょっとと考えるようになってきます。

そう、これがダンパー熱症候群

また発病しそうな気配です。

つける薬はありません。


高性能なダンパー装着車を試乗すればきっと発病しますよ!


先ほどもレースに興味があるお客様と雑談

IMPSのサスを取り付けてから運転するのが面白くなった。

特にダンパーの味付けがグットとのコメント。

時間も取れて来たのでレースに参戦してみようかなあ!

この乗り味ならいけそうです!と頼もしい発言連発!

最近このようなサスの感想のお言葉をいただくことが多くなりました。

嬉しいです。


少しでも多くの方にダンパー熱症候群を発病していただきたい!

なかなか文字では伝わらないことが多いいのでご来店お待ちしております。

スポンサーサイト



[2013/07/20 20:07] | IMPSショック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<アルティメットLSD | ホーム | ダンパーを考える③>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://4x4imps.blog68.fc2.com/tb.php/833-57bb3607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |