FC2ブログ
エアーを楽しみましょう!
クロスカントリーランで一番最初にすることは?

エアーダウンですね!


IMGP1911-S.jpg


昔はフリーハブロック(手動式)でしたが今はオートマチックだから関係ないですね。

もうフリーハブ(手動式)ってなあーに言うオフローダーが多くなりました。

昔のオフロード雑誌にはフリーハブ特集がありました。

まあ4WD車の特殊な装置?と言う事かなあ

その機構を利用した特殊車両もありある意味面白かったです。

ハブヒューズなるものもありました。今のありますけど・・・

バックするとフリーになってしまうオートマチックフリーハブもあったけ!


話を戻します。

エアーダウン効果はもうご存知だと思いますがエアーは抜いたら入れなければなりません。

充填するのが面倒くさくてではクロカンはできないです。

そう。コンプレッサーが必要ですね。


IMGP1927-S.jpg

いろいろあります。


私のはエンジンルームに取り付けてしまいました。

IMGP1915-S.jpg

サブタンクを利用するには圧力スイッチも必要です。



エアーロッカーを取り付けている方はそれを利用する手があります。

このパーツです。


CIMG3637-S.jpg
CIMG3635-S.jpg

出来ればコンプレッサーはデカい方がいい!

CIMG3948-S.jpg



この装備があれば安心してエアーダウンすることが可能です!



エアーをコントロールしましょう!

折角コンプレッサーを持っているならば活用しましょう。

圧縮空気をため込むんです。

CIMG6574-S.jpg




これくらいのタンクであれば十分ですね!工場並みにはいきませんが・・・


そうです!ブローが出来るんです!

インパクトが使用できます。

オフロードであのインパクトの音が聞こえるなんて素敵でグットですね!

IMGP1917-S.jpg
IMGP1919-S.jpg
IMGP1918-S.jpg

室内の埃をさーっとひと吹き!!

あっという間に充填完了!!





さらにこんな事も・・・

IMGP1926-S.jpg


圧縮空気を安全にカッコよく使いこなしましょう。

IMGP1913-S.jpg

余裕のある方はこんなのがありますよ!

CIMG4692-S.jpg
CIMG4696-S.jpg

優れものです。

エアーチャックの所も冷却しています。

圧縮されると熱を持ちます。意外とあっちっちなんですよ!

一式アタッシュケースの収まります。



ワンポイントアドバイス

空気には水分が含まれています。エアーライン・タンクは使用したら圧力を抜いておくことが必要です。

水分が溜まりサビなどで故障の原因になります。



あああどんどん道具が増えてします。

ジムニーのどこに積むんだだね。

廃道の奥の奥まで進みたい。

スポンサーサイト



[2013/07/12 17:00] | クロスカントリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<あれー? | ホーム | ベールに包まれて・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://4x4imps.blog68.fc2.com/tb.php/825-4b1640c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |