FC2ブログ
制動装置
車と熱の関係は非常に多いいですね。

ガソリンが燃焼すれは発熱するしタイヤが転がれば、凸凹道を走れば、ブレーキを掛ければ・・・

なぜ発熱するかが面白いですね。

最近ブレーキメンテナンスが多かったのでブレーキについて考えてみました。

ブレーキと言ってもエンジンブレーキではなくフットブレーキです。


フロントドラムブレーキ車はIMPSではもうほとんど見かけなくなりました。

フロントはディスクブレーキですね。(ドラムが悪いわけではありませんよ。)

リヤは相変わらずドラム式です。


CIMG6812-S改


①はキャリパー

②はパッド

③はローター


回転するローターをパッドが挟み込んで制動します。

その時に摩擦熱が生じ運動エネルギーを熱エネルギーに変換。

制動力が発生となります。(熱は大気放出。)

強く挟み込めば大きな制動力が発生しますが熱量も大きくなります。

やがて温度が上昇し摩擦が低下する。

これがフェードです。

それによりフリュード内に気泡が出来圧力がパッドに伝わりにくくなる。

ベーパーロックと言う奴です。

だからブレーキフリュードも定期的に交換した方がいいのです。

いまだ交換したことない方はお勧めします。

CIMG6024-S.jpg

このフリュードは吸湿性があり沸点を低下してしまう性質があります。

そんな過激にブレーキングする運転してなくても経年変化で劣化してしまいます。

定期的に交換をお勧めします。


余談ですがAT車でアクセルを開けながらブレーキを強く掛けると1・2回で効かなくなりますよね。

これは別ことが要因です。お間違えのないように!













スポンサーサイト



[2012/11/05 14:39] | ブレーキ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<想像すると楽しい | ホーム | アルティメットLSD>>
コメント
余談の方が気になりますね
これ、初めて経験するとびっくりしますよね。なぜそうなるのか?対処法は?という話を書いてあげると良いと思います。 → 「余談ですがAT車でアクセルを開けながらブレーキを強く掛けると1・2回で効かなくなりますよね。これは別ことが要因です。お間違えのないように!」
[2012/11/05 22:30] URL | 竹平 誠 #- [ 編集 ]
いつもコメントありがとうございます。

そうですね。
次回書くようにします。
[2012/11/06 14:47] URL | IMPS関根 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://4x4imps.blog68.fc2.com/tb.php/720-90145c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |