FC2ブログ
ジョイント
先日、4Hに入れて走行している時アクセルオフでグワーと言うような音がする?
と言う相談がありました。
その原因は車高が高くした為フロントのプロペラシャフトの角度がきつくなった為音が発生するんです。
フロントのデフの角度を変えるためのスペーサーを入れればいいんですね。
そうするとキャスター角が小さくなりハンドリングに悪影響しますよ。
それじゃあどうすれば?
プロペラシャフトのユニバーサルジョイントを交換しトランスファーを少し前下がりにすればいいと思います。
要するに入力軸と出力軸を同じにすればいい訳なんですが・・・
なんて話しているとありがとうございました。
もっと話したかったなあ。

本当に理解してればいいのですが・・・・
と言うことでダブルカルダンジョイントと言うのがあります。
そもそもイタリアの数学者ジェロラモ・カルダンが考案したのがユニバーサルジョイントです。
角度があっても90度サイクルで回転が伝わります。
それは普通のペラシャフトの形。
JB23Wリヤのトランスファー側は違いますが、
これはダブルカルダンジョイントです。
その名の通りジョイントが2つあるのがこれです。

CIMG5438-S.jpg

これを2か所に付けるとダブルダブルカルダンジョイント
CIMG5434-S.jpg

なんだあ。ジョイントフランジをくっ付けただけじゃないか。
ジョイントが2つあるだけではないのです。
真ん中にあるボール状のものが曲者なんです。

-SCIMG5437
(しかし塗装が悪いですね。)

これにより入力軸と出力軸とのジョイント角の変化に影響されないんです。
それにより角度が等しくなり等速性が得られペラシャフトの回転速度が均一になる訳です。
カクカクと伝わらないんです。
単純にスパイダーが2個あるだけじゃないんです。
タイヤに伝わる駆動力も等速になり高トラクションが得られるでしょうね。
もちろん音もなくなるでしょう。
また等速ジョイントはほかにも使用されていてフロントのドライブシャフトなどがそうです。
ジムニーにはないけどステアリングシャフトにも使用されています。

車高を上げるのもいいけどこんな事も考えておかなければいけないと思います。
ジムニーの下回りをもう一度観察!
何か発見があるかもね!

スポンサーサイト



[2011/12/27 10:30] | トラクション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今年一年お世話になりました。 | ホーム | メンテナンス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://4x4imps.blog68.fc2.com/tb.php/543-5e69835b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |