FC2ブログ
連鎖反応
車検でお預かりしたジムニーJA71ですが制動力はあり車検は合格したのですがなんかタッチが悪い!
そこでフロントキャリパーを点検することに。
やはりキャリパーの動きが悪いようです。
オーバーホールすることに。
シールキット・ピストン両方を交換。
純正パーツ使用。  ¥1733/個

IMGP8384-S.jpg

取り外したキャリパーです。
IMGP8372-S.jpg
随分頑張った形跡あり!

そしてシール・ピストン交換
IMGP8383-S.jpg
完了!
調子よくなりました。


ジムニーのキャリパーは片側にしかピストンはありません。
なのにローターを挟むのは・・?と疑問に思った方。
不思議ですよね!
ピストンが押されてその反力でキャリパー本体が動くのです。
その動きがスムーズでない場合があります。また肝心なピストンの動きがさび付いている場合もあります。
ブレーキが変だと思ったらすぐに点検しましょう。
またディスクブレーキはブレーキ調整が自動なんです。
パッドが減ったらピストンが出てきて少し戻る仕組みなんです。
それによってパッドが減ればピストンがどんどん出てきます。
それによってリザーバータンクのブレーキフリュードがキャリパーに移動しレベルが低くなる。
だからパッドの減りもある程度エンジンルームから判断できます。
また補充したら補充した分覚えておくことも必要ですね!
ブレーキフリュードも定期的の交換しておいた方がいいです。
なぜなら吸湿性があって使用しなくても水分を吸ってしまうので劣化します。
DOT4ぐらいがいいですね!
何よりもメンテナンスです。
スポンサーサイト



[2011/02/17 18:09] | ブレーキ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<わかっているけど・・ | ホーム | スパークプラグ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://4x4imps.blog68.fc2.com/tb.php/377-6a8837f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |