FC2ブログ
走破力
クロスカントリーにおいてトラクションってどう変化するのだろう?

車両の姿勢変化はちょっと置いといて考えてみる。

そもそもトラクションって?

タイヤの摩擦係数(いわゆるμっていうもの)に一輪タイヤ荷重をかけたもの。

一輪だけ見ていると減ったり増えたりしますが4輪総和では増減はありません。

車両総重量に変化がないからです。

そこのところを勘違いしていると姿勢変化の時どのような姿勢で走るかによりライン取りが変わる。

要するにアクスルが捻じれているか捻じれていないか。

どちらの姿勢が走ろうとする路面に対して良いか。

見極めることがトラクションを最大限生かせると思います。

タイヤ空気圧を低くするとトラクションが増えて走破性向上すると言っている人がいますが

車重が増えない限りトラクションは増えません。

増えるという言葉が違うのです。

4輪の総和なんです。

それではなぜ走破性が上がるかですね。

そこがエアーダウンの秘密なんです。

その秘密は次回お話いたしますがもう一度トラクションについて整理してみると

クロカンがより楽しくなるでしょう。

しかしそれを理解したところで段差の乗り越えと言うクロカンにおいて

最大の障害物を乗り越えることはできません。

いろいろなことを理解しながら克服していかなければなりません。

IMPSスタディーフィールドではこんなことを考えながらクロカンを楽しんでいます。

22日の日曜日に開催されます。

もしクロカンに興味がわいてきたら走りませんか?

ただしジムニーに限ります。

前後けん引フック装着の事。

そしてけん引ロープを持参の事。

初めての方でも心配ないですよ!私がサポートします。

IMGP4263-s.jpg

スポンサーサイト



[2017/10/16 15:57] | クロスカントリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<タイロッドエンド交換 | ホーム | 7ポイントロールバー取り付け>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://4x4imps.blog68.fc2.com/tb.php/1281-e64fb9d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |