FC2ブログ
トラクション
トラクションって?

最近、また考えています。


お客様からデフロックとLSDとどう違うのですか?

との質問が多いいです。

デフロックは左右輪がつながっていて一本の棒状態。

LSDは左右輪はつながっているのですが左右にトルク配分をしている。

ここまではほとんどの方は理解しているようです。

ここからですね問題は、どう違うのか?じゃなくてきっと聞きたいのはどちらがいいのか?


片輪が完全に浮いてしまった時車が動くのか?

LSDだと動かないんじゃないの?


IMGP3378-S.jpg

このような状況でも進みます。(空転しません)

アルティメットLSDの場合はジムニー専用設計です。

ジムニーの車重を一輪だけで動かせるトルクを伝える性能を持たせています。


それがすべてではないんです。


左右輪にへのトルク配分をコントロールしています。

どういう事かと言うと左右輪のグリップが刻々と変化するときトルクの流れをコントロールしています。

デフロックはコントロールしません。

一本棒状態ですから・・・


アルティメットLSDは左右輪合計のトラクションを適正にしています。

それによりクルマの姿勢変化を穏やかに制御しています。

この事がアルティメットLSDの最大の特徴です。

デフロックはいかなる時でも左右同じですね。

LSDは

滑りやすい路面でも直進性が保たれる。

キャンバー走行でも安定して走れる。

コーナーリング中クルマの姿勢変化が安定する。

どちらがいいですか?という答えは使用方法にありますね。

自分の走行状態にあったデバイスと言う事です。


あなたはどちら派ですか?

いずれにせよクロカンをより楽しむデバイスなのは間違えない!

ただ効かないLSD(?)はどうかなあ?

スポンサーサイト



[2015/09/07 11:41] | クロスカントリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<嬉しい事。 | ホーム | バックナンバーが人気です。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://4x4imps.blog68.fc2.com/tb.php/1031-f5dfef5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |