ファイナルギア交換
フロントにデバイスを取り付けようとしたらリングギアが欠損。

P1000860.jpg

交換しかありません。

ピニオンギアとのセット交換です。

この作業はデフの交換の時のようにバックラッシュ以外に歯面の当たりを調整しなければなりません。

P1000858.jpg

歯面をきっちり調整しないと強度が出ないです。

終了!
スポンサーサイト
[2016/07/31 12:11] | エアーロッカー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エアーロッカー取付
ARB製のエアーロッカーを取り付けました。

JB23W5型のリヤに取り付け

P1000695.jpg


そしてJB23Wの4型のフロントにも取り付けしました。

同じ作業が続きます。

JB23Wのエンジンルームにコンプレッサーはスペースがなさすぎますね。

P1000699.jpg

室内からスイッチ一つでデフをロック!

IMPSではARB正規品をお勧めします。

パクリ品コピー品は取扱いしません。

[2016/07/15 15:23] | エアーロッカー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エアーロッカー
新しくなりました。

ARBのエアーロッカーです。

この間フルモデルチェンジしたのに!!!

しかしまた変わりました!!!







IMGP9121-S.jpg

パッケージでした。

個人的には前の方が良かった。

ロゴが変わったと言う事はこれからのARBが変わるのかなあ?

楽しみですね!
[2013/10/31 14:28] | エアーロッカー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エアーロッカー
やはりクロカンで強力な味方になるのが駆動系のデバイスでしょう。

LSDもしくはエアーロッカーのどちらかしかありません。

エアーロッカーはARB製のタイプしかないです。

コピー品はNGです。

2006.10.12オリジナルパーツ広告 057


ほぼ独占ですね!

室内のスイッチからON・OFFできます。

CIMG4632-S.jpg


専用コンプレッサーにより本体を作動させます。

CIMG4460-S.jpg


このコンプレッサーでタイヤのエアーも入れられます。(アダプターは別売)

-SCIMG3635



デフロックは御存じのとおりトラクションは左右輪に50・50配分されます。

タイヤが接地していても設置してなくても50・50です。

LSDの様に左右輪にトルクの流れはありません。

滑りやすい地形ではアクスルが左右に振れやすいです。

フロントに入れたら操舵が利きません。

上手く使うべきですね。

そんなエアーロッカーが売れています。

2個購入された方は分かっている事ですがARB社は洒落ていますね!


IMGP1895-S.jpg

基本配線はリヤを入れなければフロントはONにならないがちょいと細工をすれば

フロント単独可能。

ON/OFFの切り替えが素早いのもARBのいい所。

より構造を理解するとさらに早くシフトできます。

左右輪のプリロードを無くしてあげればいいわけです。

エアーロッカーの達人になりましょう。

調子に乗ってシャフト・デフギアを壊さないようにね!

圧縮エアーなのでライン・タンクには水分がたまります。

多くの故障原因だそうです。

リペアパーツなどしっかりしているところもARBのいい所。

アウトバック育ちのエアーロッカー良いですよ。

[2013/07/02 12:00] | エアーロッカー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ARBエアーロッカーキャンペーン!
この度、豪州ARB社よりエアーロッカーの販売キャンペーンが発表されました。

日本でも実施されます。(もちろんIMPSでも実施!)

大サービスキャンペーンです!

対象 全エアーロッカー

期間 2012年6月~7月末オーダー分(2か月間)

内容 ①エアーロッカー1個をご購入に付き
 
    小型コンプレッサー1台を無料で進呈!



   ②エアーロッカー前後同時にご購入に付き

    大型コンプレッサー1台+ポンプアップキットを無料で進呈

    *ポンプアップキットとはコンプレッサーを使用してタイヤに空気を入れるキットです。


-SCIMG3954


-SCIMG3635



物凄いキャンペーンですね!

¥36750のコンプレッサーが無料!やってくれますね!

ナイスです!  グッとです!  素敵です!


どうしようと迷っているあなた!このチャンスをゲットしましょう!





[2012/06/01 14:35] | エアーロッカー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>